太陽光のおよぼす影響

紫外線は住宅に対しても悪影響を与えます。特に外に毎日晒されている屋根や外壁は人間の体が日に焼けるのと同じように日焼けし、材質によっては化学変化を起こします。一般的には、塗装の劣化、変色、剥がれ、ひび割れなどが起き、そこから雨風が侵食しやがては住宅をダメにしてしまいます。

 

}PgžxQまた、窓から室内に入り込む日の光も、実は家や家具にとっては悪影響を及ぼしてしまいます。畳や床、または家具なども長時間日に当たると変色し、また木材が劣化しひび割れ、破損などの現象を発生します。

 

このような悪影響を防ぐために、昨今はUVカット技術が進み、対策ができるようになりました。今までは外壁や屋根は対策ができないものと言われてきましたが、現在ではUV対策塗料を外壁、屋根に塗布するなどの方法により、今までよりも長持ちさせることができます。また、窓にはUVカットガラスを使用する、またはUVカット溶剤を窓に塗布することで、ある程度は遮断できます。

 

しかし、悪影響ばかりではありません。このように最近は対策技術が進み、日焼けが以前ほど対策出来ないものではなくなってきています。また、光触媒という技術により、日の光を用いて室内の二酸化炭素を酸素に変換する技術も解明され、応用されています。これらを効果的に利用しながら、住宅を長持ちさせ上手に生活していきたいものです。

Comments are closed.