現代の太陽光利用:太陽光発電

現在、太陽光発電を利用している家や、施設は世界中にあります。

 

昔から日の光は私たちの生活を助けてくれていますが、現代のように電気を作るために利用するとは誰も想像すらしていなかったと思われます。
人間は自然から物を恵んでもらって生きていますが、その自然を利用して上手に活用することによって、便利な生活をすることが可能になってきました。
しかし、便利になればなるほど、自然に対する感謝の気持ちがなくなり、いつしか自然から見ると、人間は害を及ぼす生き物になってきたのかもしれません。
そのため、一時期話題になった地球温暖化などの環境問題や、東日本大震災などの災厄を引き起こしているのかもしれません。

 

全てが悪いことではありませんが、古い時代に私たちの先祖が守ってきた自然との共存という世界は、次の世代へと残せなくなるかもしれないくらいの破壊をされているのは周知の事実です。

 

日の光を利用して発電するというのは、本来の自然を利用して、地球に優しく自然との共存をするということを体現しています。
次の世代に、豊かな自然と環境を残していくためには、現代の人間がしっかりと責任を果たしていく必要があります。

 

歴史の教科書に汚点の時代と書かれない為にも、皆で考えていく必要がきています。

}PgžxQ

Comments are closed.